上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、説明会が開かれいますが、2月5日に、沿線住民の会の長田会長が
国交省宛に、要望書を提出いたしました。 

国交省が真摯に住民の声に耳を傾けることを期待しています。

(以下、要望書の一部)
*************************

                    2013年2月5日
国土交通省 関東地方整備局長様
社会資本整備審議会 道路分科会 関東小委員会様
国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所事業対策官 小林達徳様
                 同事務所計画課課長 宮坂広志様

要望書

 2013年1月30日から行なわれているこれまでの地元説明会において表明された意見や疑問から
以下の項目について2013年2月10日の地元説明会までにご検討頂き、当日文書でご回答をお願い
致します。

 中部横断自動車道八ヶ岳南麓の会等をはじめとする4つの団体の申入れ
 (「中部横断自動車道建設に関する申し入れ」2012年8月30日)、北杜市別荘の会の「要望書」(2012年9月15日)、国土交通大臣に対する5000名を超える署名簿提出など、八ヶ岳南麓を通る高速道路建設に対し、非常に多くの反対、懸念が示されてきました。しかしながら、今回の新ルート案でも八ヶ岳南麓を通過することにはなんの変化もなく、2回にわたるアンケートを踏まえたとはとても考えられない案を提示してきました。
 公共事業の透明性をたかめ、事業の必要性が検証できることを目的として、「計画段階評価」が導入されています。アンケートも地元説明会もその枠組みで行なわれていることは明らかですが、アンケート方法の稚拙さ、配布の著しい偏り、回収率の余りの低さなど、どれ1つをみてもこれが地元住民の意向が反映された「コミュニケーション活動」とはとても考えられず、その結果から新ルート案が導きだされたということにはなんの科学的な根拠もありません。
 それにもかかわらず、わずか5%という超低回収率でも、住民の意向の50%以上は、国道141号の拡幅等改修案を選択しました。初歩的なことですが、アンケート回収率が半数超す状態であれば、確率的には大半が国道改修案を選択したことを意味します。
 
 以上のことを勘案すると、まず何よりも、ここまでの地元説明会に至るプロセスをもう一度、初心に返って「周辺地域の課題」が本当のところ、どこにあるかを地元住民に丁寧にアンケートで調査する方法を探らなければなりません。しっかりと科学的な手法で、地元住民と国交省の両サイドが議論に参加し行なうことが、「周辺地域の課題」を住民の意向に添って解決する残された方法です。もちろん、この説明会での意見聴取は一理ありますが、双方向的なコミュニケーションではなく、国交省による一方的な意見聴取であって、住民の意向によって高速道路建設が変えられないのであれば、計画段階評価システム自体が機能していないという自己矛盾に陥ります。
公共事業に関わる政策決定プロセスにどのように国民の意向を反映するかは、国民の元気を育て未来を方向付ける重要な課題ではないでしょうか。
(後略)。
中部横断自動車道八ヶ岳南麓新ルート沿線住民の会 会長 長田佳久
沿線住民の会は、今日、北杜市長に4600筆の署名簿を提出します。

地元を一軒づつ説明しながら集めた署名です。
この重みを、国交省、そして北杜市は十分に知るべきです。

今までに、八ヶ岳南麓を通る高速道路建設に対し、非常に多くの反対、懸念が示され、
既に、昨年も5000筆の反対の署名を、国交省、及び小委員会に提出しました。
しかしながら、今回の新ルート案でも八ヶ岳南麓を通過することにはなんの変化もなく、
今までの2回にわたるアンケートでの住民の声を全く無視した案を国交省は提示しました。

国交省は、災害時の代替道路の確保、高速道路の途切れた所(missing linkの解消)を
なくしたいというだけのために、住民や地域を無視して、高速道路を造ろうとしています。

道路のルートを決めるに当たって考慮している点は、自分たちの技術的な
角度からだけであることが説明会で説明されました。
そのルート上で暮らす人々の生活や、景観や環境破壊を全く考慮していません。
また、この新ルートは、耕作放棄地ではなく、美田が広がる農業地域です。

すでに一般道路が十分あり、不便を感じないこの地域に、遠回りするような高速道路を作って
なにが、地域の振興でしょうか。

高速ありきの国交省が新ルート2案を示し、その説明会が行われ始めました。
しかし、2案とも、以前と同じく、八ヶ岳南麓を通る案です。
市民との意見は全く噛み合っていません。
そもそもここに、高速道路は不要だというのが、八ヶ岳南麓に住まう人、訪れる人々の声です。

八ヶ岳南麓の雄大なスケールの360度の眺望景観は世界一流。
こんな素晴らしい日本の自然財産を将来に残していくのは、今の私たちの責任です。
今でも、八ヶ岳南麓への高速からのアクセスは、10分足らず。全く不便ではありません。

ネット署名のサイトを、新ルート沿線の住民の会が立ち上げました。
下記URLで、署名が出来ます。

署名サイト https://www.change.org/ja/
 ■八ヶ岳の景観を壊す高速道路はいらない■
下記をクリックすると署名が開きます。
http://goo.gl/H0E4V

名前とメールアドレスと郵便番号を入力するだけで、署名ができます。
画面上に名前を表示したくない方は、「賛同!」の下の「公開する」のチェック
をはずしてください。

1万名の署名を目標にしています。家族、親戚、友人とその家族、友人の友
人、どんどん広げてください。  よろしくお願いします!
(ネット署名の信頼性が高まり、最近は行政を動かすようになってきています。)
昨日から始まった中部横断自動車道の北杜市区間の説明の様子です。
最初から、なぜ高速が必要なのかという議論が多くでたようです。
今日31日は、大泉総合会館で、19:30から説明会があります。

以下は、NHKの記事です。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/1044715091.html?t=1359595024547
横断道説明会で疑問の声

 中部横断自動車道の北杜市と長野県を結ぶ区間の計画の説明会が30日から始
まりましたが、参加者からは計画を疑問視する意見が相次ぎました。
 中部横断自動車道は静岡、山梨、長野を結ぶ全長132キロの高速道路で、こ
のうち長野県の佐久穂町と北杜市を結ぶ34キロの区間は、ルート案の検討が進
められています。
 30日夜、計画の説明会が北杜市長坂町で始まり、国土交通省の担当者が環境
などに配慮して、清里高原の南側を通る2つのルート案があり、主要な道路への
接続や整備費用に差があることなどを説明しました。
 参加者からは「費用対効果がわからないので数字で示して欲しい」とか、「国
の借金が膨らむ中、大金を使って作るのはなぜか」といった計画を疑問視する意
見が相次いででました。
 これに対し担当者は「首都圏直下型地震など大規模な災害が起きた際に被災地
の支援などに役立つ」とした一方、費用対効果については「ルートも決まってい
ないので計算していない」などと答え、ルート案についてはほとんど議論が行わ
れませんでした。
 説明会は北杜市内では計9回行われ、寄せられた意見は専門家で作る会合に報
告されます。
  01月31日 09時53分


国交省による中部横断自動車道(長坂ー八千穂)計画段階評価における地元説明会が
1月30日から始まりますが、まるで、高速ありきの説明会。
説明会に出席して、日本の財産である八ヶ岳の雄大な自然と景観を守りましょう。

1.説明会の目的
  ・ルート帯(案)、連結可能位置(案)、これまでの検討経緯について説明。
  ・皆様からのいけんを受け付けます
  ・ご意見は、ワーキンググループに報告。

地元説明会日程一覧表(1月30日〜2月16日の間)
 1月30日から北杜市内5箇所で地元説明会が開催されます。 

月日      時間       場所
1月30日(水) 19:30-21:30 長坂総合支所 2階会議室
1月31日(木) 19:30-21:30 大泉総合会館 大ホール
2月1日(金) 19:30-21:30 高根町農村環境改善センター 多目的ホール
2月2日(土) 14:00-16:00 小淵沢総合支所 2階大会議室
2月3日(日) 14:00-16:00 長坂総合支所 2階会議室
2月5日(火) 19:30-21:30 小淵沢総合支所 2階大会議室
2月9日(土) 14:30-16:30 高根清里小学校 (変更済)
    2月10日(日) 14:00-16:00 大泉総合会館 大ホール
2月12日(火) 14:00-16:00 長野県南牧村平沢公民館
2月13日(水) 19:30-21:30 須玉町農業体験農園施設会議室
2月16日(土) 14:00-16:00 須玉ふれあい館 会議室①、②

注1)参加申し込みは不要。居住する地区に限らずどの会場でも参加可能。
      また、住民以外(別荘所有者など)も参加可。
注2)2月12日は南牧村村民のみ参加可。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。