上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レインボーの会や、自発的市民の声で、
7月8日に、中部横断自動車道に反対する声を届けようと集まります。

国交省は、あと1回の委員会で結論を出そうとしています。
そんなことされては、長野県を含めた八ヶ岳南麓地域は、疲弊するのは必至。

こんなに多くの人が反対しているということを知って貰うことが重要。
明日がチャンス。 みんなで、声を届けに行きましょう!!
----------------------
日時:平成24年7月8日(日)13:30~15:30
場所:南牧村中央公民館駐車場
     (長野県南佐久郡南牧村大字海ノ口1138-2)
----------------------

* 以下、レインボの会からのちらしです。

中部横断自動車道(長坂~八千穂)意見交換会が開催されます。開催会場前でみんなで訴えましょう!!
国土交通省が主催するこの会議は高速道路の整備が有効であると考えられる。」という方向へ導いておいて、一方で一部地域において「環境・景観の保全」に対する根強い意見が依然として見受けられること等から、今後、高速道路の整備を基本的な方向性としつつ、追加的なコミュニケーション活動を実施したうえで、関東地方小委員会の最終的な評価をとりまとめる、という趣旨で開かれますが、
最初から「高速道路建設ありき」で追加的なコミュニケーション活動を実施したという実績をつくるためのアリバイ工作です。

出席できるのは山梨県側からたった3人で、意見をいう時間はわずか3分(訂正:テーマ毎に3分)しかも「環境・景観の保全」と「旧清里有料道路の活用」というテーマに沿った意見交換会という条件付きです。

このような八ヶ岳南麓に暮らす住民の意見等を聞き取る時間も作らず、高速道路を作るための一方的な「意見交換会」を認めることはできません。私たち南麓住民の気持ちを、訴えを聞いてもらう場をもっとたくさん設けるよう、開催会場前でみんなで訴えましょう!!
当日はマスコミも入るそうです。全国に訴えていきましょう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。