上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北杜市観光協会は、会員になんら知らせることなく、高速道路早期実現を決議。
そしてそれを市議会に送りました。 商工会も同じです。

観光協会の決議は事業者の声を反映していないと、立ち上がりましたが、
なんと観光協会内部でも観光協会の幹部のやり方に、反旗をののろしをあげました。

以下は、北杜市観光協会のHPに一時出された文を借りています。
(すぐ反旗の部分は削除されました)。
----------------------
 これまでの経緯と現状に付きまして、この場を借りてご報告をさせて頂きます。

 まず、現在行われております「中部横断自動車道」建設のアンケートに対して
ですが、平成22年度より対面調査も含め今回のアンケート等、対応させていただ
いて参りました。その際の事務局としての対応をお知らせいたします。

 中部横断自動車道について、計画から30年近くの時間が経過し、必ずしも当初
の計画がなされた経済的・社会的環境とズレが生じてしまっているため、今回の
計画に対して賛成も反対もすることができない旨をお答えさせて頂きました。
(中略)
 今回平成24年2月17日に開催されました北杜市観光協会理事会に置きまして
「中部横断自動車道建設促進の請願」が決議されました。
(中略)
出席理事 会長浅川力三、筆頭副会長日向勝、副会長中田欽哉、副会長小宮山光彦、
理事鈴木孝男、理事萩原英二、理事清水壽昌、理事小尾能敏、理事多賀純夫、
理事高田一彦、理事小野光一

結果:賛成6票 反対0票 棄権2票
 
結果として支部よりの意見を集約(実際にされていないことは理解しておりま
すが)されたとの前提を持ちまして、請願が決議・承認されることとなりまし
た。
(中略)

 事務局といたしましては、理事会が決定されたことに対し粛々と事務を進める
ほかなく、twitterでは事務局に対し「北杜市無能協会」とのご指摘を頂いても
おります。  (中略)
 反対の声を挙げられる方々が、協会の会員様に多くいらっしゃることを今回
様々な方々とお話をさせて頂くなかで、心を強くしております (後略)
----------------------以上
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。