上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月17日に、第1回目のアンケートの結果が、配布されました。
「中部横断自動車道(長坂~八千穂)に関する第1回アンケート結果概要)」と題した書類が、
配達地域指定郵便で、配布されました(所謂、地域内全戸配達というもので、ポストがある家には配達されたと思うのですが)。

さて、1回目のアンケート結果について、読み解いてみました(参考:国交省資料)。


第1回アンケートの結果、山梨県側と長野県側では、意見に大きな地域差があります。 
このアンケート結果から、北杜市民の6割以上が高速道路整備に反対していることがわかりました。

質問3,4で、高速道路は不要であるとか、国道141号ルートの改良などの意見が多数出されたものと思われます。
特に、北杜市からは国道141号の活用の要望が、市民だけでなく、事業者からも多数の要望が寄せられ、その結果として、国道141号の改良案が追加されました。

  --------------------------------------------
1回目アンケートはがき
●1回目のアンケートの結果を読み解く
  回答回収件数: 7,299件 (うち沿線地域から6089件)
       沿線地域とは北杜市:   2,853件(2万世帯の15%に該当)
          長野側8市町村:  3,236件(6万世帯の5%に該当) 

質問1-1 「提示した課題は周辺地域が抱える課題と思いましたか」
国提案の①~⑤の各課題に対し、北杜市(2,853件)では、29 ~ 44%が「そう思う」または「ややそう思う」と回答(全体(7299件)では51~64%)。
一方、北杜市では、51~67%が「そう思わない」または「あまりそう思わない」と回答(全体では32~45%) 

・会コメント: 高速道路建設には、それを必要とする理由が必要です。そこで、国交省は、高速道路建設が必要になる理由として、上記5点を地域が抱える課題(問題点)として提示していますが、北杜市住民は、これらを課題と考えていない人が多数です。つまり、高速道路が必要になるほどの不便はないというのが市民の声と言えます。

質問1-2他に考えられる周辺地域の重要な課題(自由回答、回答件数2,073件)
北杜市民の道路整備への期待は低く、懸念や進め方に対する意見が多いです。 「国道141号の整備」、「自然を喪失」、「景観が破壊される」「八ヶ岳が通過点になる」等の意見が出されています。


質問2-1「提示した目標は、周辺地域が抱える課題を解決するための目標だと思いますか」
国提案の①~⑤の各目標に対し、北杜市では、32 ~ 41%が「そう思う」または「ややそう思う」と回答(全体では54~63%)。
 一方、北杜市では、52~56%が「そう思わない」または「あまりそう思わない」と回答(全体では32%~41%)

質問2-2 他に考えられる目標(自由回答、回答件数 1,170件)
課題を解決するための目標として、道路整備に期待する回答は低いく、
一方、道路整備への懸念や道路整備についての多数の回答が寄せられています。
「道路は現状のままで十分」「景観が財産のところに、高速道路をつくってはいけない」「高速道路は必要ない」「国道141号の改良案141号の整備」などの回答。

質問3 提示した対策案の他に考えられる対策案について(自由回答 回答1947件)

国道141号線の整備による時間短縮の対策案を出した人の65%が北杜市であり、在来道路の改良案では68%が北杜市からの意見が出されています。 北杜市民の多数が高速道路ではなく141号線の改良や在来道路の改良を望んでいることを示しています。
下記は地域別の意見数です(委員会資料から)。
toi3 30p


質問4 中部横断自動車道について期待すること懸念すること(回答6919件)
高速道路建設へ懸念を述べた意見の64%が北杜市民からです。 
「費用対効果」「森林伐採による環境の変化」「景観が大幅に失われる」「素通りで、衰退地域が多数出る」「国道沿いの商業の衰退」「高速道路は不要」などの懸念が出されています。
toi4 32p



ポイント
山梨県側と長野県側では、意見に大きな地域差があり、全体の%が地域の声を反映しているとは言い難い。
随分傾向が違うものを合わせて、全体の%が賛成しているからよいと言うのはおかしいと国の委員会でも指摘がされている。

-回答率(北杜市15%、長野側(8市町村)5%)が示すように、北杜市民の関心の高さは、市民がこの高速道路建設に疑念を持っていることを表している。

-中部横断自動車道について唯一意見を述べることが出来た最後の質問4に、総回答件数に匹敵する多数の意見が寄せられたということは、このアンケート自体が、建設ありきのもので、市民の意見とは乖離していたものであったと言える。


<参考>:国交省資料
配布のコミュニケーション活動結果(概要)は下記の昨年10月5日の資料6-1に地図など加工したもの。
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000045395.pdf
(国交省2011.10.5配布資料6-1 第1回コミュニケーション活動結果(概要))
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000045391.pdf
国道141号の改良案
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000043722.pdf
2011年7月7日委員会 第一回意見聴取結果

国交省2011年7月と10月会議資料
http://www.ktr.mlit.go.jp/road/shihon/index00000015.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。