上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンケートの締め切りが明日(3月25日)になりました。

アンケートの内容には、疑問点が一杯です。
(締め切り前に載せたいので、資料などへのリンクは後日行います)。

高速道路建設に疑問、懸念を持つ方は是非アンケートで「建設不要」と答えてください。  
  アンケートの回答: 質問 1,2 → 「そうは思わない」に丸印
            質問  4  →  建設不要

第一回アンケート(P.3)には、「国道141号の状況を踏まえ、周辺地域には4つの課題がある」と書いています。
つまり国道141号に問題点があるから、以下の4つの課題の解決のために、
高速が必要である
という前提で、このアンケートが作られています。
本当に、国道141号に問題点があるのでしょうか? 

国道141号の問題点を解決するより、高速道路建設の方が安いのでしょうか。
国道141号の問題点を解決するより、高速道路建設の方が住民に幸せをもたらすのでしょうか。
また本当に、4つの課題が山梨県側にあるのでしょうか。 
 *国道141号の問題点、課題もすべて、長坂―清里間(山梨県北杜市側、八ヶ岳南麓)についての
  コメントです。
 

■アンケートへの疑問

<1> 高速が必要な理由として、国道141号に問題があるからというのが、なぜ大前提なのでしょうか。
国道141号には、「急カーブ、急坂、豪雨時の通行止め」があり、走行性が悪い。だから、高速道が必要だというのは、余りにも飛躍し過ぎた結論ではないですか。 

・国道141号は、3桁の番号に現れているように、上下各1車線しかない国道です。
だから、改善できる余地はたくさんあります。 
拡幅したり、問題点があるところに橋やトンネルを造るなどの改良をすれば、
問題点は解決し、走行性は高まります。
国交省は、なぜ、国道の走行性の改善案を全く考えないのでしょうか。

・国道は、生活道路であり、自由にアクセスでき、周辺地域に住む住民にとって、
国道141号の改善は、高速道路より、住民には役立つものです。 
中部横断自動車道(長坂ー北杜市)の利便性は、北杜市市民にはありません。

・国道141号は、中央道須玉インターに接続しており、中央道から国道141号への
乗り入れスムーズに行くはずです。 
また、新たな開発による自然環境への影響も少なくて済むものと推測できます。
 
・中央高速道から、長野県に抜ける道は、国道141号の他に、
旧清里有料道路、八ヶ岳高原ラインと2本もあります。

・国道141号の走行性は、かつての渋滞地域は拡幅で解消され、今では通行量は減少し、
雨量規制での通行止めも、平成16年に1度の記録があるだけです。 
通行止めの際は、旧清里有料道路、八ヶ岳公園ラインを使えば、問題なく目的地に行くことができます。 
不便がないのに、なぜ高速が必要なのでしょうか。

 <次ぎは、アンケートの課題について: 続く>      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。