上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この大震災で、中部横断道建設計画をとりまく状況が大きく変った…として、
この際、「今回のアンケートで、計画の凍結や延期を求めては」
という意見が散見されるようになりました。

この考えは、大変に“危うい”です。
新潟と静岡を結ぶ自動車道の貫通が、国交省の大目標であり、
既に、建設済み、着工済みの区間があるので、
いずれ、蒸し返されることは明らかです。

例え、計画延期となっても、復活して、
その時も今回のアンケートは基礎データとなるでしょう。

ですから、
今は、この計画が「本質的に不要」であることを、住民の声として届けることが重要です。

私たちは、大震災と関連づけて、延期や、凍結を訴えるのではなく、
「建設不要」の、多くの住民の声をアンケートで集めて、
届けることに注力すべきだと考えます。
                          (U)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。