上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山梨県の高速道路推進室の要望を受け、5月に清里観光振興会(清里の観光業者の団体)が
中部横断道の建設についてアンケートを実施したのですが、
その結果は、88%が建設反対!・・・清里の良識が示されました。

清里の観光にメリットがあると幻想を言い続けて高速道路建設を正当化しようと
する促進派と行政側の強力な説得にもにもかかわらず、この結果です。

清里で観光事業を営む人たちの88%が反対しているのです。
建設賛成はわずか7%。
この結果は重くあるべきです。
それでも、白倉市長、国は突き進もうとするのでしょうか!

●アンケート結果  (総回答数 152)
  A案賛成、4
  B案賛成、7
  どちらともいえない、7
  建設反対 134
   ・詳細はこちら


5月1日に、突然白倉北杜市長が、B案をよしとする提案を国に出し、
さらに、5月26日には高速道路整備促進期成同盟の支部長として、市長自らが
長野側の推進者にも呼びかけて建設推進の総決起集会を開いて気勢をあげました。
まるでこれらを地元の総意として、国も一緒に、ごり押しの地ならしを作っている様相です。

そんななか、出てきた観光地清里の人たちの88%の反対。
中央自動車道から分岐して長坂、大泉、高根(清里)を通って長野県に至る山梨側は
どこも反対なのです。
高速道路が地域に不要なことは明らかです

山梨側の八ヶ岳地域だけでなく、長野側の人にとっても、もっとも効果ある策は、
脆弱な国道141号を安心して走れる国道に改良することです。


30年前の悲願を実現しようと市長以下声高々に気勢をあげている人たちは、現状の変化を無視し続けています。
高速道が地域活性化をもたらさないことは、今では明らか。
反対に、延伸された地点は通過点になり地域経済にダメージを与えることが知られています。

さらに、重要なことは、「景観と自然」を基盤にして、ここの地域経済は成り立っています。
そのど真ん中に、景観と自然という大切な資源を壊す高速道路を作って、
どうして地域活性化になるのでしょう。
この地域の道路のインフラは既に充実しています。 

今日本は、世界でもまれにみる債務大国で(GDP比約250%)、借金のツケは次世代に回っていきます。
その次世代は人口減少に転じ、自動車離れも進んでいるこの現実を考えないで、30年前からの悲願だ、「日本海を見たい」からという理由で、高速道建設を推進するのは、あまりにも無責任ではないでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。