上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 北杜市は、「中部横断自動車道活用検討委員会」を設立するそうだ。開通のメリットを最大限に獲得する準備を今から進めていこうということで、この検討結果を市長に提言するそうです。メンバーはまだ案ですが、学識経験者、地域住民代表、各種団体(農業・商業・観光等)、国土交通省、山梨県、北杜市。運営は北杜市建設部。
 この会については反対するつもりはない。大いに議論し、豊かな自然環境と美しい景観を大事にした具体的な施策を提案して欲しい。
 しかし、しかし。建設を推進する側の検討会だけが作られるのはどうかなと。この運営には税金が投入されているはず。民主主義の世の中であれば、別の意見の検討会も作られるべきです。検討会の運営は行政ではなく、地域住民代表、各種団体の何人かで行われるべきです。そうでないと、政治家や上司の意向が反映されてしまう(これに逆らうと昇進に影響しますからね・・・。)。行政は、これらの検討会の設立の手助けだけをすれば良いのです。そして、行政は、色々な視点から検討されてきた提案を、中立的な立場で客観的に評価し、数十年先の北杜市の姿を見据えて、幾つかの案を議会に提言すれば良いのでは。
 どうも、政治家は、民意を代表しているという事で一方的に走り過ぎる。ちょっと民主主義を逸脱しているのでは。また、行政は、政治家の言いなりではいけない。中部横断自動車道建設というのは、反対する人も賛成する人にとっても重要な問題です。偏った進め方はとてもまずい。政治家と行政の信頼が失墜しますね。まるで、徳川時代の悪代官のやりかたと違わない、進歩がないな。行政、政治家に税金を払いたくないね。
 この検討会では、地域振興と地域活性化の名のもとに、駐車場の拡張や、道路の拡張がされるのでしょうね(清泉寮でさえ駐車場が拡大されてきて、将来どうなるのか心配です)。 建設推進の方々は、自動車道ができれば沢山の人々が来ると考えているのですからね。
 どうやら、第2の清里バブルが来るような予感がします。バブルがはじけたらどうなることやら。
                                              (清里の住民)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。