上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国交省による中部横断自動車道の計画段階評価の説明会が2月16日で終わりました。
高速賛成派は、27年前に高速道建設を請願に行った人たちや推進議員が声をかけて、
組織的に説明会に参加している様子で、「高速ができれば人が来る」といった
一時代前の意見に終始していました。

一方、高速に反対や疑問も持つ人は、今の社会情勢や北杜市の将来を考え、
地域活性化に必要なものは何かという、真摯な意見でした。
・今の社会情勢を考えると、高速は不要である。
・地域にとって、もっとも有益なのは、国道141号の改善である。
   須玉から長野県境までを行ってほしい。長野県での高速建設に反対はしていない。
・北杜市にとっての財産は、景観と自然。
   八ヶ岳南麓の美しさは、日本の財産である。 
・この美しさがあるから、人々が集まり、既に、地域経済にもプラスになっている。
・なぜ長坂から分岐するのか。 
   勾配の問題からというが、新ルート案を須玉からにすれば勾配の問題は解決できる。
・国道141を高規格化して、高速と兼ね合いをもたせるのはどうか
・今後は、構想段階からの住民参加型でこの計画をやり直してほしい。
国道141号の改善が多いというのが、ほとんどの住民の意見だと思います。

また、北杜市は、移住者が多く、人口がほとんど減っていない希有な地域です。
移住者や別荘者は、ここの景観や自然、きれいな空気に惹かれて引っ越して来ています。
しかし、そこには新住民と地元の人との間に考え方の差がありますが、
この高速道の建設問題をきっかけに、両者の溝を縮めていくような予感がします。

甲斐の国、山梨県。江戸時代甲斐の国は、徳川幕府直轄の領地という全国でも特異な所でした。
自分たちの意見を徳川幕府に言うことなんてもっての他。
上から言われたことをやる。もし何か反対があれば、せめて条件闘争にもっていくと
いう気質が今も受け継がれているのではないかと、いつも話題になります。

北杜市は、山梨の北端。特にお上(行政)から言われたことに異を唱えることは
しないという気風が強い所です。
そんな中で、意気盛んな新住民が、国に対して反対の声をあげたのですから、
地元の人にとっては、驚きの行動であり、かなりの刺激になっているのではないでしょうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。