上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(続き)
・観光客や住民、そして別荘の人たちが最も求めているのは、景観や自然、ゆったりとくつろげる静かな環境。
  -誰もがすばらしい!と思う八ヶ岳南麓の景色、これが八ヶ岳南麓の魅力そのものです。 
八ヶ岳南麓の景観と自然があってこそ、観光客を引き付け、別荘需要があるのです。
  -北杜市の「優れた自然環境と美しい風景を護り、環境と共生するまちづくり」も、不可能です。
  -高速道ができれば、都会でも「うるさい、非常にうるさい」(昼間72db、夜間65db)と感じる騒音が予想されています。
s-1111rainbowfuji (11)

・観光業や、不動産業、更に建設業が大打撃を受ける
自然と景観を破壊する中部横断自動車道は、八ヶ岳南麓の観光地・リゾート地としての価値を下げます。良質の環境がなくなれば、観光客や別荘需要も減少します。それは観光業だけでなく、不動産業、建設業への大打撃を意味します。

・八ヶ岳南麓湧水群が切断され、農業、暮らし、生態系への悪影響が大きい
  -八ヶ岳南麓の湧水群は、特にルートの大泉地域では地名が表わしているように、暮らしに深く根ざした、地域資源であり、未来に確実に残さなければならない宝です。
  -高速道路は、南北に走る既存道路との立体交差が想定され、八ヶ岳南麓湧水群を切断します。農業用水、生活用水、環境用水への影響だけでなく、クリソウやニホンサクラソウなど湿地性の植物や、これらの植物と繋がっている昆虫類の生息に、影響を与えます。
 -バブル期に消えたオオタカがやっと南麓に戻り始めたところです。その他の猛禽類も含め、豊富な餌動物が持続的に供給できなくなる恐れがあります。
 -ルートは、日本固有種で準絶滅危惧種のヤマネの生息地を横断するため、絶滅への道を加速することになります。
 
<そのほか>
・救急医療施設のアクセスが問題なら、ドクターヘリを整備する方が効果は大きいです。
・災害時の長野への代替路線としては、中央道・長野道があります。
 
速達性と走行性を求めての高速道よりも、この八ヶ岳南麓の自然景観をこれ以上変化させないことの方が地域にとって重要なことではないでしょうか。 東日本大震災で、人々が利用したのは、国道でした。住民にとって国道141号改良の方が役立ちます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。