上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この中部横断自動車道の建設は、地元住民だけではなく、別荘住民にも多大な影響があります。
 
 今回のアンケートで問題なのは、別荘住民に周知していないことです。
別荘住民も住民税や固定資産税を支払っており、地元住民と同様に扱って欲しいですね。
行政の方々、政治家の方々、もっと現場を見てください(怒り)。

 私は「清里の森」に別荘を持ってますが、やはり知らされていません。
アンケート用紙を入手し、各別荘宅にポスティングしました。
また、管理会社のホームページからもアンケートの実施を周知してもらいました。

 このアンケートは、誰が回答しても良いので(八ヶ岳の自然は日本の資産なので当然ですが)、八ヶ岳南麓や清里高原を訪れたことのある友人に声を掛けましょう。

アンケートはこちら↓
http://www.ktr.mlit.go.jp/koufu/keikaku/
質問事項4に、建設不要と明記しましょう。

 私の友人にも声を掛けました。友人から頂いた幾つかの意見をご紹介します。

「道路は今のままで十分便利であり、”清里の森”近辺に道路が新しく作られることによる自然破壊を考えるととても容認できない。」
「折角の都会から離れる為の別荘地であり、その環境を味わうために購入した筈で、環境破壊以外の何者でもないです。」
「利便性が全てではない。新たな道路はいらない!」

 一度、建設が決まれば後戻りできません。幾ら環境アセスメントを実施しても、建設が中止となることは無いのは、過去の事例で明らかです。
 今回のアンケート結果が市民の相違となるので、とても重要です!

(T)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。